japan(Western Architects) - Page 2 - SkyscraperCity
 

forums map | news magazine | posting guidelines

Go Back   SkyscraperCity > Asian Forums > Asian Skyscraper Forums > East Asia > Japan Forum 日本フォーラム > Skylines & Photography / スカイラインと写真

Skylines & Photography / スカイラインと写真 Pictures & Video of Japan / 都市の景観・自然 写真とビデオ


Global Announcement

As a general reminder, please respect others and respect copyrights. Go here to familiarize yourself with our posting policy.


Reply

 
Thread Tools Rating: Thread Rating: 5 votes, 5.00 average.
Old August 18th, 2008, 03:43 PM   #21
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1908年 - 北海道函館市 旧ロシア領事館


明治43年建築
レンガ造り
函館市船見町

青いトタン屋根と赤レンガの壁と白い窓枠のコントラストが美しい建物
 玄関に寺院風の唐破風がある和風の趣きも加味した建物









benKen no está en línea   Reply With Quote
Sponsored Links
Advertisement
 
Old August 18th, 2008, 03:48 PM   #22
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1901年 - 北海道函館市 太刀川家住宅店舗・洋館

住宅店舗は、一代で財をなした太刀川家初代当主が1901(明治34)年に建てた、レンガ造り2階建ての関西風商家で、国の指定重要文化財。大火の多かった函館らしく、防火用にレンガ壁の上から漆喰を塗ってある。木造2階建ての洋館は、4代目当主が応接専用室として1915(大正4)年に建てた。
benKen no está en línea   Reply With Quote
Old August 18th, 2008, 03:54 PM   #23
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1888年 - 北海道 札幌市 北海道庁旧本庁舎


北海道庁旧本庁舎(ほっかいどうちょうきゅうほんちょうしゃ)は、かつて北海道庁の本庁舎として建築された煉瓦造りの西洋館(国の重要文化財)である。「旧道庁」や「道庁赤レンガ庁舎」、「赤レンガ」などと呼ばれ、親しまれている。

館内は北海道開拓関係資料を展示・保存する北海道立文書館等として一般に公開されているが、一部は隣接する現道庁の会議室として現在でも使用されている。北海道(道庁)にとっての象徴的存在であり、広報番組などのタイトルにしばしば「赤レンガ」が用いられている。道庁前のイチョウ並木は大正14年、勅任技師名井九介(みょういくすけ)の指導により植えられたもの。







by calium


benKen no está en línea   Reply With Quote
Sponsored Links
Advertisement
 
Old August 19th, 2008, 04:03 AM   #24
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1896年 - 東京都 日本銀行本店本館

辰野金吾
たつのきんご
東京都
明治29年/1896年
1棟
東京都中央区
日本銀行
重要文化財

--------------------------------------------------------------------------------
明治29年(1896)竣工の石造及び煉瓦造、地上三階地下一階建の建築。屋根は鉄板及び銅板葺。正面に回廊を廻す。外装は石積。窓は両開き硝子戸欄間付(サッシュ使用)。ネオ・バロック様式にルネッサンス意匠を加味する。辰野金吾の設計による明治洋風建築中最重要な遺構。

石及び煉瓦造三階建、地下一階、鉄板及び銅板葺、正面・回廊及び中庭附属

建築面積2,684.6平方メートル





benKen no está en línea   Reply With Quote
Old August 19th, 2008, 04:06 AM   #25
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1876年 - 長野県松本市 旧開智学校

旧開智学校(きゅうかいちがっこう)は、長野県松本市にあった旧制小学校で、日本で最も古い小学校のひとつ。



1873年(明治6年)に第二大学区筑摩県管下 第一中学区 第一番小学 開智学校 として開校。1965年(昭和40年)からは明治時代の教育資料を展示した博物館になっており、当時使われていた机(二人掛けで、天板が開く)や筆記用具(チョークと黒板消し)などが展示してある。もとは廃仏毀釈で廃寺となった松本藩主戸田氏の菩提寺・全久院の跡地に開校し、女鳥羽川南岸に移ったが、昭和期に使われなくなると現在の場所に移築された。国の重要文化財に指定されている。
1987年に愛媛県東宇和郡宇和町(現・西予市)の開明学校の姉妹館と提携している


旧開智学校は明治時代の代表的な擬洋風建築で、校舎は白を基調としており、中央に塔があり、その下に彫刻がある。地元出身で東京で西洋建築を学んだ大工棟梁の立石清重により作られた。 現存する部分は移築されたもので、当時は西側に同じく2階建ての教室棟が存在した。現存する校舎とつながっていたが、移設の際取り壊された。 資料館として修復される際に塔を中心に左右対称であるかのように復元されたが、その名残もあり実は左右対称にはなっていない(窓の数を数えると明白である)。





benKen no está en línea   Reply With Quote
Old August 19th, 2008, 04:09 AM   #26
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1903年 -山形県鶴岡市 鶴岡カトリック教会天主堂

鶴岡カトリック教会天主堂概要: 鶴岡カトリック教会天主堂は明治36年旧庄内藩家老末松十蔵屋敷跡に建てられたパピノ神父最後の設計による天主堂です。木造平屋建てで、正面塔屋の部分だけが3階のロマネスク様式。バジリカ型三廊式とよばれる形式で、高さは23.7m、正面の幅10.8m、主棟奥行き23.75mあります。昭和54年に国重要文化財に指定されています。又、聖堂の左側にある副祭壇に安置されている「黒いマリア像」は日本ではこの教会にしかないそうです。





[

[
benKen no está en línea   Reply With Quote
Old August 19th, 2008, 03:31 PM   #27
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1915年 -山形縣県鶴岡市 大宝館

大宝館概要: は大正4年(1915)に大正天皇の即位えを記念して鶴岡城跡に建てられた洋風建築です。木造2階建て、入母屋、瓦葺きの建物で、外壁が下見板張り、縦長の上げ下げ窓を採用するなど洋風の要素を取り入れています。正面玄関廻りは平面的に前に突き出して正面性を強調し、その上部は曲線屋根、金属板葺きで朱色に塗られているので大屋根とは全くの正反対の要素で構成されています。又、曲線屋根の下には妻面を正面にした小さな屋根が3つに分散していて、大味な意匠に成らない様な工夫も見られます。玄関廻りや上部のバルコニーにも細かな気配りが見て取れます。当初は1階が物産館と図書館になっていて、2階が食堂と会議室になっていましたが、昭和26年(1951)からは市立図書館となり、現在は郷土人物資料展示施設となっています。





benKen no está en línea   Reply With Quote
Old August 19th, 2008, 03:32 PM   #28
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1884年 -山形縣県鶴岡市 旧鶴岡警察署庁舎

旧鶴岡警察署庁舎概要: 旧鶴岡警察署庁舎は明治17年(1884)に高橋兼吉の設計によって造られた洋風建築です。木造2階建てで、1階屋根が入母屋、2階屋根は寄棟、瓦葺、外壁が下見板張りになっています。窓は縦長の上げ下げ窓を採用し、上部に屋根を模った小庇が付いていて、窓をデザインの一部として捉えています。正面玄関扉と、2階のバルコニーの入口上部はファンライトと呼ばれる半円形の欄間を設え、それぞれの屋根が入母屋で妻面を正面に向ける事で、建物全体の正面性を出しています。柱廻りや欄間部分も凝った意匠を施し、2階屋根の大きな軒飾りは建物を印象深いものにしています。旧鶴岡警察署庁舎は昭和32年(1957)に新庁舎建設に伴い致道博物館内に移築復元され、当時の擬洋風建築の典型として山形県指定有形文化財に指定されています。




benKen no está en línea   Reply With Quote
Old August 19th, 2008, 03:34 PM   #29
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1881年 - 山形県鶴岡市 旧西田川郡役所


高橋兼吉
たかはしかねきち
山形県鶴岡市
明治/1884
擬洋風建築・2階建&塔屋
建築面積265㎡延床面積399㎡高さ20m  
1棟
山形県鶴岡市
移築:1972(昭和47) 指定:1969(昭44).12.18
致道博物館
重要文化財

--------------------------------------------------------------------------------
1876年廃藩置県後の置賜・山形・鶴岡の3県が統合し現在の山形県が誕生しました。その後郡制の施行により県下に11の郡がおかれ、鶴岡は西田川郡となり郡役所が設置されました。初代県令三島通庸の命により郡役所が着工、設計施工は高橋兼吉・石井竹次郎があたり1881年(明治14)落成、この年9月明治天皇御巡幸があり、行在所となりました。この建物は、中央玄関に突出したバルコニーと中央に塔屋・時計塔がついた木造2階・両翼1階建て、高さ20メートルを有する擬洋風建築です。外観には簡素ながら均整のとれた意匠を施しており、上げ下げ硝子窓・玄関ポーチの柱脚台と頸巻繰形、軒先廻りの化粧陸垂木、つり階段などに、ルネッサンス様式がみられます。なお時計台の時計は強風のため故障が多いので取りはずし、市内常念寺に移され、現在鶴岡市指定文化財となっております。1972(昭和47)年当館に移築されました。






benKen no está en línea   Reply With Quote
Old August 19th, 2008, 05:27 PM   #30
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1894年 - 埼玉県本庄市 旧本庄商業銀行倉庫

竣工 1894年(明治27年)頃
所在地 埼玉県本庄市銀座1-5-16
構造 煉瓦造2階建て、瓦葺
建築面積 279mē
地図 Googleマップ



この建物は、 1894年(明治27年)に設立された本庄商業銀行の倉庫として建てられ、 繭や生糸を担保として貯蔵しました。 鉄扉と網戸を設けた窓を左右対称に配し、耐火と通風に配慮された構造になっています。

その後、1976年(昭和51年)にローヤル洋菓子店が譲り受け、 店舗兼製菓工場として活用されています。




benKen no está en línea   Reply With Quote
Old August 19th, 2008, 05:28 PM   #31
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1883年 - 日本埼玉県本庄市 本庄市立歴史民俗資料館

竣工 1883年(明治16年)
所在地 埼玉県本庄市中央1-2-3
構造 木造2階建て、瓦葺
地図 Googleマップ

旧本庄警察署。

この建物は、1935年(昭和10年)まで本庄警察署として利用され、 その後、本庄消防団本部、簡易裁判所、区検察庁、本庄公民館、図書館を経て、 1980年(昭和55年)11月に資料館となりました





benKen no está en línea   Reply With Quote
Old August 20th, 2008, 05:38 AM   #32
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1912~1913年 - 三重県桑名市 六華苑


ジョサイア・コンドル
じょさいあ・こんどる
三重県
(洋館)大正2年(和館)大正元年/(洋館)1913年(和館)1912年
2棟
三重県桑名市
桑名市
三重県桑名市中央町二丁目37番地
重要文化財

--------------------------------------------------------------------------------
19世紀中頃から桑名で活動した豪商諸戸家が大正初期に建設した邸宅。洋館が大正2年、和館が大正元年の建築で、洋館の設計は英国人ジョサイア・コンドルによるものである。洋館と和館がそろって残り、両者が直線上に接続する配置に特徴があり東海西部地方において本格的洋館を備えた代表的邸宅として貴重である。

(洋館)木造、二階建、塔屋付、スレート及び銅板葺
(和館)一部二階、入母屋造、南・北及び西面庇付、北面東端及び西面便所附属、桟瓦葺、東面洋館に接続

(洋館)建築面積219.45平方メートル、
(和館)桁行29.6m、梁間10.2m






benKen no está en línea   Reply With Quote
Old August 20th, 2008, 03:40 PM   #33
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1934年 - 東京都 明治生命保険相互会社本社本館

東京都
昭和9年/1934年
1棟
東京都千代田区
写真提供:三沢博昭
明治生命保険相互株式会社
重要文化財

--------------------------------------------------------------------------------
鉄骨鉄筋コンクリート造、地上8階地下2階建てのオフィスビルで、昭和5年に工事に着手、同9年に竣工している。設計監理は岡田信一郎と弟の捷五郎の手による。この種のビルは大正から昭和初期に多数つくられたが、この建物は列柱が建つ外観や顧客用の大空間を内部に持つ点が特徴であり、特に質の高い代表的な建築である。明治期以降に洋風意匠を導入した我国の建築の一つの到達点とも言うべき建築であり、昭和期に建てられた建造物としては初めて指定されたものである。

鉄骨鉄筋コンクリート造、地上8階地下二階建、屋上塔屋付

建築面積3,949.4平方メートル










benKen no está en línea   Reply With Quote
Old August 21st, 2008, 04:45 AM   #34
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1880年 - 北海道札幌市 豊平館

建築年代 :
明治13年
指定年月日 : 昭和39年5月26日
  公開時間 : 9時00分~17時00分
  休館日 : 毎月第2火曜日(ただし6~10月は第2火曜日も開館)、年末年始
  入館料 : 無料


豊平館は洋式のホテルとして、明治13年に建てられました。当時では珍しい青い色(水色)でふち取られていました。
豊平館の中の各部屋には、豪華なシャンデリアがつり下げられています。そのシャンデリアの下がっている天井にはメダリオンと呼ばれている丸い天井飾りがあります。部屋によってひとつずつ飾りの模様が違います。どんな模様があるのか全部見てみるのも面白いです。また、今はあまり見られなくなった暖炉があります。大理石で出来た暖炉かな?と思ってよく見てみると、大理石に似せた漆喰(しっくい)だったのです。もちろん手作りです。作った人の技術の高さがうかがわれます。
豊平館にある階段は、きれいな手すりに赤いじゅうたんととても豪華に見えます。でも実際に登ってみると、急なことがわかります。昔は、現在の階段の感覚とは、かなり違っていったようです。
また、カーテンも豪華です。豊平館のカーテンレールは飾りの付いた木の箱のようなものに隠されていて、細かいところまで丁寧に作られています。











benKen no está en línea   Reply With Quote
Old August 21st, 2008, 04:52 AM   #35
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1893年 - 群馬県松井田町 丸山変電所

明治26、大正元(変電所)/1893年
1構
群馬県松井田町
松井田町
重要文化財

[size=3]



benKen no está en línea   Reply With Quote
Old August 21st, 2008, 07:55 AM   #36
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1932年- 東京都 堀商店

東京都
昭和7年/1932年
鉄筋コンクリート造4階建塔屋付
建築面積173平方メートル
1棟
東京都港区
写真提供:小野吉彦
江頭智子 堀英一郎 堀英樹
登録有形文化財



Last edited by benKen; August 22nd, 2008 at 04:01 AM.
benKen no está en línea   Reply With Quote
Old August 22nd, 2008, 04:02 AM   #37
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1916年 - 北海道函館市 ハリストス正教会復活聖堂

川村伊蔵
かわむらいぞう
北海道
大正5年/1916年
1棟
北海道函館市
函館ハリストス正教会
重要文化財

--------------------------------------------------------------------------------
大正5年に建てられた聖堂建築で、設計は正教会輔祭の川村伊蔵による。平面は正方形の聖所を中心とし、前方に啓蒙所と玄関が、後方に半円形の至聖所が取り付く。玄関の上には八角形平面の鐘楼が付く。小規模ながら正教会聖堂の標準的な構成を持ち、ロシア・ビザンチン様式の変化に富む外観が特徴である。

煉瓦造一階建、正面八角塔屋付、銅板葺

建築面積150.9平方メートル






benKen no está en línea   Reply With Quote
Old August 23rd, 2008, 04:54 AM   #38
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1888年 - 宮城県登米町 旧登米高等尋常小学校

山添喜三郎
やまぞえきさぶろう
宮城県
明治21年/1888年
1棟
宮城県登米町
登米町
重要文化財

--------------------------------------------------------------------------------
明治6年に開設された同校が、明治21年に現在地に移動した時に新築された。設計は宮城県技手山添喜三郎である。南面して両翼を前方に折り曲げたコの字型の平面型に瓦屋根とし、両翼南端には半六角形平面の昇降口を持つ。明治初期の擬洋風とは異なる和洋折衷の特徴的な外観である。






[/size]


benKen no está en línea   Reply With Quote
Old August 23rd, 2008, 04:36 PM   #39
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1933年-東京都 東京海洋大学2号館


水産講習所本館として建築された震災復興学校建築
  平成15年10月1日に 東京水産大学と統合して東京海洋大学 になった東京商船大学は、明治8年
  (1875年)創設の三菱商船学校をその前身としている。大正15年(1926年)の関東大震災により校舎
  の多くが倒壊したため、 新校舎が5期にわけて再建された。 この2号館は、東京水産大学の前身で
  ある水産講習所本館として建築されたもので、 昭和8年に竣工、 昭和35年から商船大学の所管と
  なった。



benKen no está en línea   Reply With Quote
Old August 23rd, 2008, 04:38 PM   #40
benKen
Registered User
 
Join Date: Aug 2008
Posts: 5,482
Likes (Received): 469

1898年 - 石川県 金沢市 第九師団司令部庁舎

第九師団司令部庁舎

現在は、石川県庁舎石引分室として使用されており、財団法人石川県県民ふれあい公社が入っている。

この建物は、明治31年に金沢城二の丸跡に建設され、昭和43年に現在地に移築された際に両翼が約半分に切りつめられた以外はほぼ原形を保っているという。

木造2階建、瓦葺で、正面玄関のピラスター(付け柱)やペディメント(三角形の切り妻壁)、上げ下げ窓の下に付けられた手すり状の意匠など、初期洋風建築の持つ簡素なルネサンス風の外観を特徴とする。明治期の庁舎建築の好例といわれる。

石川県登録有形文化財。


benKen no está en línea   Reply With Quote
Sponsored Links
Advertisement
 


Reply

Thread Tools
Rate This Thread
Rate This Thread:

Posting Rules
You may not post new threads
You may not post replies
You may not post attachments
You may not edit your posts

BB code is On
Smilies are On
[IMG] code is On
HTML code is Off



All times are GMT +2. The time now is 10:09 PM.


Powered by vBulletin® Version 3.8.11 Beta 4
Copyright ©2000 - 2020, vBulletin Solutions Inc.
vBulletin Security provided by vBSecurity v2.2.2 (Pro) - vBulletin Mods & Addons Copyright © 2020 DragonByte Technologies Ltd.
Feedback Buttons provided by Advanced Post Thanks / Like (Pro) - vBulletin Mods & Addons Copyright © 2020 DragonByte Technologies Ltd.

SkyscraperCity ☆ In Urbanity We trust ☆ about us