SkyscraperCity banner

501 - 520 of 638 Posts

·
Registered
Joined
·
5,688 Posts
Discussion Starter #501
1917年- 長野県須坂市 旧上高井郡役所

旧上高井郡役所は、大正6年(1917年)に建築された、県内に唯一残る郡役所の建物












 

·
Registered
Joined
·
5,688 Posts
Discussion Starter #503
1904年-青森県弘前市 青森銀行記念館

明治37年11月19日、弘前市親方町19番地に、第五十九銀行本店として完成したものである。棟梁は名匠の誉れ高い堀江佐吉で、時に59歳であり、それまでに彼が修得したすべての技法と精力を投入した建造物である。
 総工費67,711円、工期2年半、この優れた様式は広壮、虚飾を排して、堅牢にして疎略に堕せずと讃えられたという。
 木造2階建て、用材は県内のヒバとケヤキ、内部の壁面は瓦を張り、その上を漆喰で塗りつぶして釘を使わないという工法は、実に独創的で東奥のルネサンス建築といわれる。
 昭和18年から青森銀行弘前支店となったが、昭和40年に元の位置から90度回転して曳屋し「青森銀行記念館」として公開されている。

















 

·
Registered
Joined
·
5,688 Posts
Discussion Starter #504
1880年-北海道札幌市 清華亭

明治13年6月、開拓使の貴賓接待所として建てられた清華亭は、翌14年明治天皇が札幌に行幸の際にご休憩された由緒ある建物です。

 設計・監督は、開拓使工業局が担当し、札幌市最初の公園である「偕楽園」の中に建てられました。建築様式は全般的に米国風ですが、開拓使建築系列の後期に見られる一つの特徴として、内部には洋間に接して和室も設けられており、和洋折衷の建物となっています。

 清華亭は札幌市の開拓の歴史をしのぶ建物であり、また、周辺は昔から子どもの遊び場として利用されるなど、市民生活になじみの深い場所となっています。




























 

·
Registered
Joined
·
5,688 Posts
Discussion Starter #505
1916年-岡山県邑久郡牛窓町 旧中国銀行牛窓支店

旧中国銀行牛窓支店(現街角ミュゼ牛窓文化館)  

大正4年
設計/小林精一
煉瓦造平屋
岡山県邑久郡牛窓町



 

·
Registered
Joined
·
5,688 Posts
Discussion Starter #506
1935年- 東京都 宮内庁

The Imperial Household Agency

旧宮内省庁舎。

この宮内庁庁舎は、1935年(昭和10年)に建てられた建物で、 庁舎3階は1952年(昭和27年)に改装され、 1968年(昭和43年)年の新宮殿落成までの間、仮宮殿として使用されていました。

1908年(明治41年)に皇室令による宮内省官制が施行され、 宮内省は皇室一切の事務につき天皇を輔弼する機関とされました。 その後、1947年(昭和22年)5月3日に日本国憲法が施行され、 宮内省から内閣総理大臣所轄の宮内府となり、 1949年(昭和24年)6月1日の総理府設置法の施行により、 総理府の外局としての宮内庁となりました。 そして、2001年(平成13年)1月6日から内閣府設置法が施行され、 宮内庁は内閣府に置かれることになりました。












 

·
Registered
Joined
·
5,688 Posts
Discussion Starter #507
1937年- 福井県大野市 平成大野屋

大野織物共同組合事務所(昭和12年築)。


現在、平成大野屋として飲食店・観光案内所などに活用されています。登録文化財。





 

·
Registered
Joined
·
5,688 Posts
Discussion Starter #508
1913年- 熊本県熊本市 上熊本駅

建設:大正2年(1913) 設計:不明(おそらく鉄道省)
   木造平屋のこの駅舎はニ代目。初代の駅は明治24年(1891)に
   建てられた池田駅。熊本の第五高等学校(現.熊本大学)の
   教授として赴任した夏目漱石が降り立ったのが池田駅である。
   というわけで、駅前には漱石の銅像が建っている。




 

·
Registered
Joined
·
5,688 Posts
Discussion Starter #509
1930年-埼玉県越生町 越生織物会館



2008/5老朽化のため解体し

新会館に建て替えられる予定



昭和5年に越生織物同業組合の事務所として

建設され、絹の産地として栄えた越生町のシ

ンボル的な存在の建築物です。





 

·
Registered
Joined
·
5,688 Posts
Discussion Starter #510
1927年- 栃木県佐野市 小島家住宅



昭和2年(1927)に建てられた洋風建築です。木造2階建て、切妻、洋瓦葺きで外壁はレンガ貼を主として白壁を要所で使っています。道路側の中央部は外壁面より張り出させ仕上げを変え、精巧な意匠を施し屋根をマンサード状にするなど正面性を強調しています。その他にも縦長の上げ下げ窓やシンプルなバルコニーなどの当時の洋風建築の要素が随所に見られます。



 

·
Registered
Joined
·
5,688 Posts
Discussion Starter #511
1926年- 大阪市 天王寺消防署元町出張所


四天王寺の南西の一角にある古い消防署。表側は国道25号線に、裏側は四天王寺の西大門の参道に面しています。鉄筋コンクリート造り、2階建て。

天王寺消防署元町出張所
旧南消防署元町出張所 1926(大正15)年以前
設計・施工 : 不明
大阪市天王寺区四天王寺1-11-68












 

·
Registered
Joined
·
5,688 Posts
Discussion Starter #513
1914年- 京都市 日本基督教団 京都御幸町教会


1914(大正3)年/1998(平成12)年改修

京都市指定文化財

京都市中京区御幸町通二条下ル山本町434











 

·
Registered
Joined
·
5,688 Posts
Discussion Starter #514
1929年- 長野県安曇野市 旧信濃教育会館

旧信濃教育会館本館(昭和4年築 1929)。 元々は長野市旭町に建てられていたもので、新会館の建設に伴って現在地に移築



 

·
Registered
Joined
·
5,688 Posts
Discussion Starter #515
1906年- 北海道小樽市 旧日本郵船株式会社小樽支店

旧日本郵船株式会社小樽支店は明治37年着工、同39年10月に落成した近世ヨーロッパ復興様式の石造2階建建築です。設計者は佐立七次郎、施工は地元の大工棟梁山口岩吉があたり、工費は当時の金額で約6万円でした。当時小樽は北海道開拓の拠点都市として商業港湾機能を充実しつつあり、船舶・海運・倉庫業界が競って、船入澗を設置し石造倉庫を建てました。また明治後半から一流建築家達が当時の最先端の技術で、代表的作品を残しました。この建物はその草創期の象徴的存在です。
 昭和30年市が日本郵船から譲り受け、翌31年から小樽市博物館として再利用されて来ましたが、44年3月には、明治後期の代表的石造建築として国の重要文化財に指定されました。
 しかし年ごとに老朽化が目立って来たため、59年10月修復工事を着工、33カ月の工期を経て62年6月しゅん工しました。ここに商都小樽を代表する明治後期の商業建築が優れた文化遺産としてよみがえりました。












 

·
Registered
Joined
·
5,688 Posts
Discussion Starter #516
1902年- 福岡県京都郡みやこ町 旧豊津中学校講堂


岡県指定有形文化財
1902年竣工
木造平屋建













 

·
Registered
Joined
·
5,688 Posts
Discussion Starter #517
1902年- 北海道札幌市 旧札幌農学校図書館(北海道大学)

「近代文化の発信地」とも言われた札幌農学校で,図書館の果たす役割は大きかったのでしょう。この図書館は、1965(昭和40)年に現附属図書館が完成するまで、60年余りもの間、中央図書館として,その後は、農学部図書室として活用されたほか、ある時期は講堂としても使われていたそうです。読書室は赤い屋根、白い壁が際立つ建物で、現在も農学校の歴史を語りかけるように昔の姿をとどめています。農学校生徒の学びの場となっていた古い図書館が、今も大学構内で歴史を語っています。近くには北海道大学旧札幌農学校昆虫学及養蚕学教室もあります。









 

·
Registered
Joined
·
5,688 Posts
Discussion Starter #519
1877年- 北海道札幌市 開拓の村 旧開拓使工業局




この建物は、北海道札幌東創成町(現:札幌市中央区)に建てられた、 現存する唯一の開拓使関連庁舎です。

開拓使工業局は1873年(明治6年)に設置され、 1882年(明治15年)に廃止されるまで、道路・官庁等の建設や、機械・農具等の製造事業を行い、 北海道開拓に大きな業績を残しました。

1969年(昭和44年)に収集され、 1979年(昭和54年)に現在地へ移築復元されました。


 

·
Registered
Joined
·
5,688 Posts
Discussion Starter #520
1908年 - 北海道札幌市 開拓の村 旧札幌停車場

この建造物は、明治四十一年(1908年)に建てられ昭和二十七年(1952年)まで使われてきた札幌停車場の正面外観を縮小再現したものです。

外観は、米国の同じ頃の木造建築に用いられた ☆スティックスタイル☆ と呼ばれる形式が取り入れられ、下見板と棒(スティック)による模様付けが特徴です。











 
501 - 520 of 638 Posts
Top